日本の看護師事情

看護師という仕事、みなさんはどんなイメージがあるでしょうか?

病院にいったら、当たり前の様にいる存在の看護師ですが、この看護師がいなかったら、患者として病院に行った時に、困ることたくさんあるのではないかなと思います。


看護師は自分の定められた仕事だけではなく、医師のサポート、そして患者のケア、医師と患者のコミニュケーションをとるためにとても重要なポジションにあるのではないかと思います。

そんな看護師はいま日本においてとても不足していると言われています。

子供の憧れの職業であった時代は過ぎ、いまはきつい、きたない、きけんの3Kなどとも言われて、看護師になる人も少なくなってきているのだとか。

病院だけではなくて、老人ホームや介護施設の増えていっている高齢化社会の日本には、この看護師不足は深刻な問題でもあります。

国をあげて、賃金などの待遇のことを改めて看護師のあり方を考え直さなくてはならないのではないでしょうか。

■関連サイト》http://www.kango-roo.com/